競馬投資システム~馬弦(うまげん)~


・回収率重視のコンピューター競馬予想
・IPAT投票自動運転システム
・無料版は申込不要ですぐに参戦可

【投票結果】(券種は三連複、100円投票換算)
2018年 投票 払戻 収支 回収率
10月(~14日) 9,800 15,050 +5,250 154%
9月 21,900 11,320 -10,580 52%
8月 29,100 65,080 +35,980 224%
7月 28,000 20,350 -7,650 73%
6月 40,300 30,650 -9,650 76%
5月 38,000 101,600 +63,600 267%
4月 46,500 54,280 +7,780 117%
3月 36,900 59,380 +22,480 161%
2月 27,700 58,350 +30,650 211%
1月 9,200 27,720 +18,520 301%
287,400 443,780 +156,380 154%
 
 
 
 
 
 
 
 
 

■投資競馬について

終日同額投票
終日(1R~12R)同額投票する事をおススメします。投資として考えるのであれば途中変更はしない事です。「好調だから単価を途中から上げる」「不調だから単価を途中から下げる」いずれもそうすると悪い方向に傾くものです。

パンクしない事
土曜日曜全レース、二場の場合は48レース、三場の場合は72レース。期待する回収率へ近づけ収支を安定させるためには、なるべくたくさんのレースを試行させなければなりません。不調の時に途中でIPAT口座がパンクしリタイアしなければならないような投票単価設定は避けてください。絶不調の場合でもパンクしない単価で始めてください。券種毎にどのくらいの投票単価に抑えるべきかは過去の投票結果を参考にしてください。

投資競馬について
競馬を投資として取り組む場合、資金配分と忍耐力は非常に重要です。シミュレーションでは期待回収率は良い数値となりましたが、だからといって簡単に儲かるわけではありません。極端な例ですが、毎レース期待回収率通りであるならばすぐに大金を手に入れる事が出来ます。

期待回収率はあくまで過去のレースに当てはめた結果で、なおかつ「長いスパン」で見た回収率です。例えば土日2日間と「短いスパン」での回収率は0%~250%と振れ幅は大きくなり、全く当たらない週も発生します。月間での「やや長いスパン」でやっと表のようにほぼ安定した数値となります。

中央競馬は通常土日だけなので週単位で一喜一憂してしまうのは仕方がありません。ただ今週負けたので、翌週は資金を抑えたり、逆に良い結果が出たので翌週より単価を上げたりするのは好ましくありません。せめて月間単位で資金の増減を検討しないといけません。そのためにも1~2週不調で競馬資金がパンクするような投票単価としないで、長期的に耐えられる低めに抑えた資金配分と自分自身の精神をコントロールをしないといけません。


投資競馬ランキングを見る

おすすめソフト

  • IPAT投票2019New!
  • 【JRA-VAN DataLab.要 無料】
    新サイトに対応(外部ソフトからも利用可)

  • 確定払戻メール
  • 【JRA-VAN DataLab.要 無料】
    レース確定次第、払戻情報をメール通知してくれるシンプルなソフトです

  • 時系列オッズメール
  • 【JRA-VAN DataLab.要 無料】
    指定した時点の時系列オッズがメールで通知されます

  • 競馬ソフト&データ研究室
  • LINEスタンプ

    馬弦ブックマーク

    ■開催日お役立ち■
    JRA
    IPAT(金18:30~)
    radiko(競馬中継)

    ■ランキング■


    にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ